レンタル着物のクリーニング

レンタル着物のクリーニング 結婚式やちょっとしたパーティの時など、少しだけ着物を着たいときに便利なのがレンタル着物です。イベントのたびに華やかな衣装が着られるため、多くの方に利用され重宝されています。そんなレンタル着物ですが、それを返却するときにクリーニングについてはどうしたらいいのでしょうか。
ほとんどの場合、クリーニング等はせずにそのまま返却するというシステムになっているのが現場です。というのも正装の着物は正絹でできていることが多く、素人にはなかなか手入れが難しい代物なのです。下手に水洗いなどをしてしまうと生地が傷みますし、縮みやヨレの原因になったりするので避けましょう。自宅の洗濯機で洗うなんていうのはご法度です。専門の洗い方があるので、そのあたりはプロに任せてそのまま返却するようにするのが得策です。
ただし、食べこぼしや飲みこぼしなどで自分が汚してしまった場合には、なるべく早く先方に伝えて対処法などを聞くようにしましょう。返却期限で放置してしまうと、なかなかとれない頑固なシミになってしまうことがあるので、応急処置について教えをこうことも場合によっては必要です。

レンタル着物にクレームがないように

レンタル着物にクレームがないように 近年では手軽に流行の着物を着る事ができると、着物を購入するのではなく、レンタル着物を選ぶ方も多くなっています。しかし、レンタル着物はお手軽な分、クレームを入れるような事もあるのでレンタルする前に事前にレンタル業者に確認を取っておく必要があります。
クレームとしては、当日必要な日までに希望しておいたレンタル着物が間に合わないという事です。折角選んだ楽しみにしていた着物を着ることができないだけではなく、急遽探さなければならない為とても大変です。事前にしっかりとした確認と、相手業者からの証明をもらってく事をお勧めします。次に、レンタルに含まれているはずのものが入っていないという事があります。レンタル着物が届いた際には、必ずすぐに中を確認して、必要なものが含まれているか確認しておくことが大切です。着物をお返しする際にも、こちらも借り物であることを忘れないという事を心がけ、安心できるレンタルにしたいものですね。