夏用のレンタル着物は、普通のレンタル着物と何が違う?

夏用のレンタル着物は、普通のレンタル着物と何が違う? 着物は、5月ごろから9月までは夏物のシーズンになります。レンタル着物でも、夏用の着物を借りることができます、普通の着物と夏用のものはどこが違うのでしょうか。
普通の着物とされているのは、袷といわれる着物で、裏地がついているもので、主に10月から4月の秋冬春物の着物です。
それに対して、裏地のついていない着物を単衣といい、5月から6月、9月などに着ることが多く、この時期はレンタル着物でも単衣をレンタルしてくれることがほとんどです。
また、真夏に着る着物としては、浴衣の他に、絽や紗という着物があります。普通の着物に比べて、裏地がないだけでなく透け感があるので、真夏に涼しげに装うのにぴったりの着物です。
この、単衣、絽の着物には、それぞれ訪問着や留袖、小紋などの着物があるので、TPOに合わせてレンタルすることが出来ます。
夏用は汗などで手入れも大変なので、レンタル着物にするほうが手軽に着物を着ることができます。

夏のレンタル着物は単衣が多い

夏のレンタル着物は単衣が多い 着物は、素材や仕立て方によって分類することができます。着物には、袷と呼ばれるものと単衣と呼ばれるものがあります。
袷は生地を二枚縫い合わせたもので、着物といえば大半は袷です。裏地がついているので温かく、10月頃から5月頃まで着るのが一般的です。
一方、裏地の無いタイプが単衣と呼ばれる着物です。裏地がないのでその分涼しく着ることができ、暑い夏の季節に適しています。
レンタル着物を利用する際には、季節や気温にあった着物を選ぶと快適に過ごすことができます。レンタル着物の魅力は、何といっても着物の種類が豊富なところにあります。
柄や色だけではなく、素材や仕立て方などで自由に選ぶことができます。また、袷の着物は持っているけれど、単衣の着物は持っていないという人にもおすすめです。
レンタル着物には、暑い季節に最適な黒留袖や訪問着、付下げ、色無地など豊富な種類が揃っています。結婚式やお茶会、パーティなど様々な場面で利用することができます。